名古屋の家事代行ならメリーポピンズに任せて安心。

お気軽にお問い合わせください。 0120-9494-88 【受付】9:00~18:00 【定休】土日・祝日

ブログ


サラダの食べ方

ドレッシングの種類が少ないドイツ

 

ドイツは、ドレッシングの種類が多くありません。スーパーのドレッシングコーナーはとても小さいです。

 

ドイツ人は、サラダを食べないのでしょうか。いいえ、好まれて食べられています。

 

ドイツ人は、サラダに何もかけないのでしょうか。いいえ、味付けをして食べます。

 

どういうことなのか、ドイツ流のサラダの食べ方をここで紹介したいと思います。

 

ドイツのサラダの味付けは、とてもシンプルです。

 

 

ボールに野菜をカットして、用意します。

 

酢、オリーブオイル、塩、胡椒、水をボールの野菜と混ぜます。

 

 

そこに好みのハーブを入れます。

 

ハーブは、お庭から摘み、使用する家庭もあると思いますが、スーパーの冷凍コーナーでも手に入ります。

 

 

こちらは、パセリ、コショウソウ、セイヨウアサツキ、スイバ、バジル、ディルの6種類のハーブがミックスされたものです。

 

 

基本の調味料とハーブを、その都度合わせて作るのが、ドイツスタイルのようです。

 

毎回こんなにシンプルだと、飽きてしまいそうですが、野菜が変われば味も変わるので、様々なドレッシングを使わなくても飽きてしまうことはないです。

 

酸味が欲しいと時はトマト、辛みが欲しいときはラディッシュ、苦味が欲しいときはルッコラなど、野菜の味の違いで全体の味を調節します。

 

このサラダの食べ方は、ドレッシングからのカロリーが押さえられ、野菜をより健康的に食べられるので良い方法だと思います。

 

(MANAMI KAUFMANN著)

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 メリーポピンズ家事代行サービス. All rights Reserved.