名古屋の家事代行ならメリーポピンズに任せて安心。

お気軽にお問い合わせください。 0120-9494-88 【受付】9:00~18:00 【定休】土日・祝日

ブログ


買い物

ビニール袋のすっきり収納

 

日本では、お買い物の際、どのような袋に商品が入れられているのでしょうか。

 

日本を離れ、数年たってしまったので、現在の日本の状況に詳しくないのですが、私が日本にいた頃は、よく家にビニール袋がたまっていた覚えがあります。

 

ドイツでは、ほとんどの人が買い物をする際に、商品をいれるための物を持っていきます。

 

【定番のエコバッグ】

小さく降り立たんで、常に鞄に入れておけます。常に一つ持ち歩いているという人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

【定番のかご】

50代以上の人の定番といったイメージです。男性もよく持っているのを見かけます。

 

このかごをスーパーの中でも買い物かごとして利用し、お会計後に再び入れて持って帰るというように利用できます。

 

 

【食料品をまとめ買いする時】

食料品をまとめて買いに行くときは、このような大きなかごや、段ボールを車に積んでいる人をよく見かけます。

 

 

【ショップバッグ】

袋を忘れてしまった時は、お店でレジ袋を購入できます。

 

レジの近くに袋があるので、自分で取り、商品と一緒に購入します。

 

日本のスーパーのように店員さんが聞いてくれるということはありません。「袋は自分で持ってくる」というのがデフォルトのようです。

 

とても大きい袋が多いです。小さい袋で間に合うようなものであれば、素手で持っていきます。

 

 

80%がリサイクルの素材でできているという表示が記載されています。

 

 

ドイツでは、ごみ袋に使えるようなビニール袋はもらえません。しかし、ビニール袋が必要ないわけではありません。

 

ドイツでは、ビニール袋は購入するものです。私はこのシステムを気に入っています。

 

なぜなら、いつも素早く必要なサイズが探すことができるし、収納もスッキリとするからです。

 

 

もらったビニール袋を畳む面倒くささも、もらいすぎて溢れるビニール袋を見るストレスもなくなります。

 

無料で貰えるビニール袋をもらうことをやめることで、こんなに気持ちがスッキリするとは、ドイツに来る前には知らないことでした。

 

(MANAMI KAUFMANN著)

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 メリーポピンズ家事代行サービス. All rights Reserved.