名古屋の家事代行ならメリーポピンズに任せて安心。

お気軽にお問い合わせください。 0120-9494-88 【受付】9:00~18:00 【定休】土日・祝日

ブログ & コラム


朴葉ずしと山法師(ヤマボウシ)

昔ながらの作り方

 

田植えが終わり、朴の葉が大きくなるこの時期に作ります。

 

各家庭で手作するので、その具材・包み方は様々です。

 

 

夫の田舎では、酢飯を中央に縦置き、しめサバがメインに、取り巻きは菊ごぼう・椎茸・貝時雨、彩りに紅ショウガ・金糸卵・茎わかめとなります。

 

具材を斜めに配置するのが昔からの伝統です。

 

以前は、しめサバはシーチキン、菊ごぼうはフキの煮つけだったような気もしますが、お好みで乗せるのが良いと思います。

 

包み方は、四つ折りに包みます。二つ折りの家庭もあるようです。

 

 

朝取りの朴葉を使い、酢飯も若干温かいので、葉の移り香が良く、ついつい食が進んでしまいます。

 

この地方の伝統食なので、絶やさず作っていこうと思います。

 

 

ヤマボウシ(山法師)が、葉のグリーンを覆いつくすように白い花が咲き、遠くから眺めるととても見事で見入ってしまいました。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 メリーポピンズ家事代行サービス. All rights Reserved.