名古屋の家事代行ならメリーポピンズに任せて安心。

お問い合わせ・ご相談・お申込みは 0120-9494-88 【受付】9:00~18:00 【定休】土日・祝日

ブログ & コラム


嗜好品のストック

ストック数の決め方

 

1日の中で、私が最も楽しみにしている時間のひとつが3時のおやつタイムです。

 

コーヒー、紅茶、ココア、抹茶などその日の気分に会わせてドリンクを選ぶ時間は、ホッと一息つける小さな幸せの時間です。

 

スーパーでそれらを選ぶ時間も楽しいです。

しかし、食料品は、まとめ買いがお得だったり、一つ一つが安かったりして、つい収納スペースを超えて買い込んでしまいます。

 

 

ドイツのスーパーの紅茶コーナーには、何十種類もの紅茶が並べられています。

 

色々な味があり、期間限定フレーバーなどを見ると、ついあれこれと試したくなってしまいます。

 

買い込みすぎは、物の取り出しを困難にします。それだけでなく、自分が何を持っているのか把握しづらくなり、同じものをまた買ってしまったりする場合もあります。

そうなると、古いものから消費している間に、今買ってきたものは、使う頃には古くなってしまいます。

 

私が実践している買いすぎ防止策は、その場所にスッキリ入るだけ買うということです。

 

 

引き出しを3つに区切り、右はコーヒー、真ん中は紅茶、左はココアや抹茶などそれ以外の飲み物のストックをしています。

 

 

収納は基本的に埋まっている状態が80%以下が良いと聞き、実践していましたが、今は普段空いている場所に、赤ちゃん用のお茶と友人に出してあげたくて買ったお茶があり、100%埋まってしまっています。

 

しかし、80%程にとどめておいたお陰で、このイレギュラーの物が入っていも溢れずに保てたとも言えます。

 

普段自分や夫が飲む紅茶は、ここに入る6種類から選ぶというルールです。

 

6種類のストックは多すぎると思う人もいるかもしれませんが、今の私にとってはこれが心地の良い最小限のスタイルです。

 

(MANAMI KAUFMANN著)

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 メリーポピンズ家事代行サービス. All rights Reserved.